イチロー 野球の名選手

イチロー

日本人なら誰しもが知っている野球選手と言えば、間違いなくイチローの名前が挙がるでしょう。

愛工大名電高校から1991年のドラフト4位指名でオリックス・ブルーウェーブに入団し、1994年に日本プロ野球史上初のシーズン200本安打を記録します。以降7年連続首位打者を獲得、3度のMVPなどここでは書ききれないほどの実績を残し、2001年にメジャーリーグのシアトル・マリナーズに移籍します。

メジャーリーグ移籍後も変わらぬ活躍を続け、10年連続シーズン200本安打、1シーズン262本の安打など不滅の大記録を打ち立て続けます。2016年にはNPBとMLB通算で4257安打となり安打数の世界記録としてギネスに認定されました。同年、メジャー通算3000本安打と500盗塁を同一シーズンで達成した史上唯一の選手となりました。

2007年にはオールスター史上初のランニングホームラン、2009年WBC決勝の韓国戦ではイムチャンヨンから延長10回に日本の世界一を決めるタイムリーを放つなど、記憶にも強烈な印象を与えるイチロー。将来の殿堂入り選手は名選手という表現では収まりきらないほど偉大なプレイヤーとして後世に伝えられるでしょう。

整列

清原和博 野球の名選手

清原和博

清原和博は、プロ野球界の歴史に名を刻んだ名選手の一人です。中学時代から既に大器の片鱗を見せつけていた清原は、1983年にPL学園に入学、同期には元読売ジャイアンツの桑田投手の存在もあり、PL学園は黄金期を迎えます。甲子園大会では、木製バットで通算13本のホームランを打つなど大活躍し、プロ野球へと進むことよりはどの球団に入るかが注目される中、ドラフト会議当日となります。

大方の予想では読売ジャイアンツから1位指名されると見られていましたが、読売ジャイアンツは清原和博ではなく同僚の桑田投手を指名、記者会見で涙を流すと同時に、二人の間に遺恨を残しました。西武ライオンズに入団した清原は悔しさをバネに、1年めから打率.304、本塁打31本、打点78と驚異的な成績を残し、西武ライオンズの日本一に貢献します。

その後は西武ライオンズの中心選手としてチームを牽引していましたが、FA権を取得した1996年、当時の読売ジャイアンツ長嶋茂雄監督の勧誘により、念願の読売ジャイアンツ移籍を決めることになります。読売ジャイアンツ移籍後は、下半身の怪我の影響により満足な成績を残せないシーズンが増え、2007年からは仰木監督の勧誘に応える形でオリックスへ移籍、2008年シーズンを最後に引退しました。現役時代に放った通算本塁打数525本は、王貞治、野村克也、門田博光、山本浩二に次ぐ歴代5位の記録となっています。

野球